メトロドーム@ミネアポリス
[2021/4/25]


断捨離していたら昔のMLBのチケットが出てきました。1991年10月8日のリーグ・チャンピオンシップ・シリーズ(プレーオフ)の第一試合です。地元のミネソタ・ツインズ対トロント・ブルージェイズの試合です。30年も前のことです。

PAVILIONで20ドルと書いてあります。PAVILIONとは調べてみると「外野席」のことだそうです。このチケットを買った時にはその意味はわかりませんでした。当時は1ドル=130円くらいでしたので約2,600円のチケットというわけです。

後述するように、レギュラーシーズン中は内野1階指定席11ドル、内野2階指定席9ドル、2階自由席2-3ドルだったので、20ドルのチケットはグランドに近い良い席で観戦ができるものと信じて楽しみに球場に向かったのですが、外野席のそれも2階席でした。選手はとても小さくしか見えなかった記憶があります。


この試合は応援していた地元のミネソタ・ツインズが5対4で勝ちました。外野の2階席という遠い場所から、スコアブックをつけながら観戦していました。スコアをつけながら観戦していたのは珍しいらしく、周囲のアメリカ人から声をかけられました。

ツインズはこのシリーズを4勝1敗で勝ち上がり、ワールドシリーズでも4勝3敗でアトランタ・ブレーブスを破りワールドチャンピオンになりました。リーグ・チャンピオンシップ・シリーズとワールドシリーズともに、MVPはエースのジャック・モリスでした。(この当時はアメリカンリーグ、ナショナルリーグともに東西2地区制だったので、リーグ・チャンピオンシップ・シリーズの次がワールドシリーズでした。)


こちらがレギュラーシーズンのチケットです。

9月6日 対ニューヨーク・ヤンキース 1階指定席 11ドル
9月8日 対ニューヨーク・ヤンキース 1階指定席 11ドル
9月16日 対カンサスシティ・ロイヤルズ 2階指定席 9ドル
9月20日 対テキサス・レンジャーズ 2階指定席 9ドル
9月21日 対テキサス・レンジャーズ 2階自由席 3ドル
9月22日 対テキサス・レンジャーズ 2階自由席 2ドル
9月23日 対シカゴ・ホワイトソックス 2階自由席 3ドル
(G/Aはgeneral admissionで自由席の意)

短期間に7試合も観戦していましたね。リーグ・チャンピオンシップ・シリーズを含めた8試合は、すべて応援している地元のツインズが勝利しました。




メトロドームの外観と内観です。メトロドームは1982年に開場され、東京ドームのモデルとなりました。2013年に役目を終え2014年1月に解体されました。