牛骨屋
(ぎゅうこつや)(2002閉店)
住  所:厚木市中町2-7-10厚木オーイズミビル1F
電  話:046-295-9528
営業時間:1130-2800、土日祝:1130-2200
定休日 :無
アクセス:小田急線本厚木駅北口下車。交番とミロード2の間の道(駅前大通り)を行き、有隣堂を右手に見ながら中町三丁目交差点を右折。一つ目の路地を右折してすぐの左側。住友銀行裏。徒歩3〜4分。
ジャンル:牛骨
座  席:カウンター約12席。奥に座敷があるらしい(未確認)。
行った日時:1999/6/6(日)1800
食べたもの:牛骨牛焼ラーメン 880円 + 味玉子 120円

コメント:厚木へ買い物へ行ったついでに寄ってみた。18時少し前の入店でカウンター満席。5分ほど待つはめに。素ラーメン(300円)にしようかと思ったが、右手の人差指は券売機の牛焼ラーメンのボタンを押していた(笑)。白濁したスープは、見た目よりもあっさりしている。麺の茹で加減は問題ないようだったが、ダマになっている部分があり、少しガッカリ。具は、焼いた牛肉に味付けてあるものがのっている以外はチャーシューメンと同様(チャーシューはないが)。スープは最後まで脂っこくならなかったが、塩味が強い感じがした。味玉子は、うーん、味が薄いなぁ。店員の対応はよい。小学4年の次男と行ったのだが、小さなお椀を持ってきて、「よろしかったらお使いください」と。こういうことがあるとお互いに気持ちが良くなる。それにしても値段が高いなぁ。

ここがおすすめ:店員の機敏な対応
行った日時:1999/6/3(木)1930
食べたもの:牛骨チャーシューメン 780円

コメント:本日オープンの新しいお店。しかし、プレオープンとして数日前から営業していたらしい。外観は、しゃれた和風料理屋の趣があり、大いに期待させる。店内は8〜9割の入り。店内に入ると顔見知りの某氏とバッタリ。先日も寅正でバッタリだったなぁ。1ポイントゲット?。さて券売機の前で悩む。初めての店では基本メニューを食したいが、どれが基本メニューなのかわからない。一番端にあるのは牛骨ネギラーメン780、ついで牛骨チャーシューメン780、牛骨のりラーメン780、ウーロンラーメン(麺にウーロン茶が入っているらしい)780など。「ラーメン」あるいは「牛骨ラーメン」というものがない。「ネギ」は辛みと和えてあるとスープの味がかわるのでパス、「チャーシュー」と「のり」が同じ値段なら、ということで牛骨チャーシューメンを選択(素ラーメン300というのもあったが、全く具がないラーメンで、大盛りがないかわりの「お代わり用」らしい)。カウンターの一番端の席に座って、店内を見渡すといろいろと蘊蓄が書かれている。健康志向らしい。またこの日のテレビチャンピオンの中華四天王対決に、この店をプロデュースした林訓美(リンクンビ)氏が出演することも宣伝してあった。

 カウンターは黒茶色のシックなもの。さて、チャーシューメンが出てきた。白濁したスープは、見ただけでは豚骨とは区別はつかない(笑)。まず一口。ちょっと温度がぬるいなぁ。もう一口。飲んでみても豚骨との区別がつかない(^_^; 味は見た目から想像するよりあっさりしている。麺は、やや太ストレート麺。硬めに茹でられていて食感がいい。具は、チャーシュー(5〜6)・のり(2)・キクラゲ・茹で玉子(1/2)・もやし・ニラ・ネギ。チャーシューはバラ肉で柔らかく、甘い味付けがしてあり美味。チャーシューの油が多いので後半はスープが油っぽくなったようだ。基本的には好みのラーメンだが、後味が今一つだったのはなぜだろう。小田急線向ヶ丘遊園駅の近くの醍醐(川崎)という牛骨ラーメンに行ったことがあるが、そこはもう少しスープにとろみ(?)があったような気がする。

ここがおすすめ:珍しい牛骨のスープ