味庄
(あじしょう)
[住  所]高松市西の丸町5-15
[電  話]087-851-6387
[営業時間]5:00-15:00
[定休日 ]土祝
[アクセス]JR高松駅下車。改札を出て右へ。ミニストップからずっと右の方角。徒歩1-2分。
[ジャンル]讃岐うどん
[座  席]テーブル 約20人くらい
 

 

かけうどん(大) 250円 + ちくわ天 80円 + カキ天 120円 → 合計 450円
 サンライズ瀬戸で高松に到着した。予定よりも1時間遅れたので30分しか時間がない。朝5時から営業している駅からほど近いこの味庄へ寄った。「セルフの店《と書いてある。メニューは、かけうどん(小)170・(大)250・(特)330、ぶっかけうどん(小)250・(大)330、きつねうどん(小)250・(大)330、湯だめうどん(小)200・(大)300、いなりずし150、おにぎり130、天ぷら80、魚天・えび天・たこ天120、玉子60など。まず「かけの大《と麺を注文する。するとおばちゃんが、茹で置きと思われる麺をお椀に盛り、そしてザルで暖めて丼に入れる。そしてそれを二度繰り返す。つまり二玉である。その次にはトッピングコーナーがあるので、好きなトッピングを選ぶ。ちくわ天とタコ天(?)を乗せて、ネギ(これはスプーン2杯までになっている)を入れ会計へ。合計450円なり。
 窓際に座り、ショウガを入れて食べ始める。スープのダシはあっさりしている。タコ天と思ったものはどうもカキ天のようである。これで120円!とは驚きの安値である。讃岐うどんとしては、なめらかさに若干欠けるものの、荒々しさのある讃岐うどんとして認識すれば、駅の近くで朝から営業している貴重なお店である。(2008/2/15)
[ここがおすすめ]セルフでワイルドな讃岐うどん